FC2ブログ

人は見た目じゃ解らない。

最近、「実録、江戸の悪党」という新書を読んでるんですが、
 その中で、結構江戸時代の悪党でもメジャーな
 「ねずみ小僧」が取り扱われていまして中々興味深い。

 彼は、10年近く捕まらなかった上、盗みは基本、
大名屋敷狙いという事もありある意味
「武士をこけにするアンチヒーロー的」な人気が当時から
あり、それに尾ひれがついて、貧しいものにお金を置いていく
 義賊ねずみ小僧!!参上っ

 てな流れになって今に至るわけです。

 実際、捕まえるほうも当時はあれだけ人気あるんだから
 「なんか凄い奴なんだろう」と
 思っていて、なんと、

 本人を捕まえたとき、ねずみ小僧と解らなかったとか。

 しかも1回捕まったこともあるんでずか、そん時は盗みじゃなく
 賭博してた容疑の方でのみ捕まるしで、とにかく盗賊には見えん
 かったとか。

 記録に残る風貌も「丸顔で小太りの職人風」と、なんかこう
 捕まえる方も気の抜ける普通ぶりとか…

 今まで「ねずみ」のイメージからもっとスマートな
 怪盗を想像してたオレがっかり(苦笑)

 お金の使い道ですが、貧しい民に施すわけもなく、
  主に「ばくち8割女2割」な使い方だったそうで…(涙)

  トホホな気分になりました(笑)


 あ、ちなみに、貧しい人に与えてた伝説は。実際、ねずみさんは
 ばくち打つとこで、負けてすっからかんのばくち打ちの人に、
 たまに、お金上げたりしてたらしい…
 むう、ちょっとしたばくち好き同士の友情が、いつしか義賊にまで
 なるとは。 …たまには良いこと?もしとくもんです。
  1. 2010/09/08(水) 19:38:06|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://erosou.blog101.fc2.com/tb.php/511-0ab84f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)