FC2ブログ

アイルトン・セナ ~音速の彼方へで泣いた。

今日はレイトショーで見たかった映画を見てました。



金と政治力に振り回されるセナの悲しい眼が印象的でした。
 それにしても科学は残酷であって、セナが亡くなったレースでも当然
車載のカメラがあるので、激突するその瞬間まで見れるのが痛々しい。

オイラはこのレースの後、急激にF1への関心が薄くなり見なくなってしまったのですが
 当時の感覚が蘇りました。
同じように15年前を知る方はぜひ見て欲しい作品です。

  1. 2010/10/14(木) 00:33:44|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

らぴさんも恐らくセナと同年齢以上になられたのだなと。

どなたもコメントされていないようなので。
セナをよくご存じない10代後半あたりの方は
彼のことを事故死したドライバー的印象しかないでしょうが
的確なドライビングセンス
タイムを縮める最短を求めるがあまり無謀とも言えるコース取りで
人格的に問題ありと評する人も居ますが
スポーツや試合を超えて真剣勝負という意味では今でも比類なき人物だと思います。
  1. 2010/10/15(金) 22:49:22 |
  2. URL |
  3. とある社会人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

はい、同年齢以上になりました(笑)

映画の中で当時当然公開されなかった
レース前のドライバーズミーティングの様子が
記録されてて始めてみたのですが
セナの嫌われちっぷりは凄いですよ。
なんとかいうか、プロストの政治力もあるけど
セナへのヒガミや、憎しみやなんか諸々
困ったミーティング現場でした。

セナの記録映画なので、やはりセナ贔屓
に決まってますが、それでもセナの
魅力を最高に魅せてくれました。

 ぜひ見て欲しいですよこれは、家で
見るよりも映画感の方がレースなど迫力
があますよやっぱ。
  1. 2010/10/15(金) 23:12:18 |
  2. URL |
  3. ラピオ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://erosou.blog101.fc2.com/tb.php/535-13c3dac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)