FC2ブログ

生きるとはなんぞや…

先月、2度目になりますが、好きな武将で、戦極姫にも出てました~高橋 紹運
の最後の地にまたまたお墓参りに行ってきました。

P1120097.jpg
岩屋城の戦いはグーグルなんかで検索すると詳細が解るかと思いますが、
絶対に勝てない状況の中〔味方763名 敵2万余〕で敵にもその才能を惜しまれて
5回も降伏勧告を受けながら、自分の子供や妻達を後方のお城に回し最初に攻撃される
であろうこの岩屋城にあえて自らが篭城して散った紹運の言葉は本当に重い。
「主家が盛んなる時は忠誠を誓い、主家が衰えたときは裏切る。
そのような輩が多いが私は大恩を忘れ鞍替えすることは出来ぬ。
恩を忘れることは鳥獣以下である」

空気は読まず、他人に媚びず、自らの意思を貫く姿勢は
オイラには無理だけど、理想の姿としていつも心には留めておきたい
と思います。近くに紹運のお墓〔首は取られて別に葬られたのか…ここは胴塚〕
もあり、今も763名の部下のお墓と共に静かに眠っています。
 こんな山の中なのに、今でも数日おきくらいには、
お花がちゃんと替えられているみたいで、
今でも慕われているのが解って嬉しかったです。

  1. 2011/02/20(日) 02:38:36|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

篭城と言うと、
引き篭もって手も足も出ない、
結局は攻め落とされてしまう、
そんな消極的な戦法の例が多いようですが、
岩屋城篭城戦は格が違いますね。
紹運の矜持を示しただけでなく、
島津軍を釘付けにして秀吉軍来援までの時間を稼ぎ、
主家を救ったと言う説もあるようです。
無駄死にではなかったと言うその説、
好きですね~。


最近は歴女もいるように、
日本史(と言うか武将?)の認知度が上がりましたが、
戦極姫にも紹運ちゃんとか道雪ちゃんがいるのは
どうなんでしょうか??(笑)
  1. 2011/02/20(日) 14:27:43 |
  2. URL |
  3. FD #LkZag.iM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://erosou.blog101.fc2.com/tb.php/607-d4306b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)