FC2ブログ

淫獄女学園~用務員の卑劣な罠~ 体験版感想~特徴が…

物語の舞台や設定の中で、作品的にはいたって真面目なのに、
お間抜けな感じに聞こえて笑える場合、その笑いを作品の魅力ととれば良いのか
単なるシナリオ的な違和感として評価しないほうが良いのか悩ましいところで
ありまして、このエロゲーの序章はこうです。

「私立・稜鴎(りょうおう)学園で、伍味健吾主催のもと開かれる夜会 『射交会』。
そこでは日夜、多くの “紳士” たちが “淑女” を玩び、多くの “淑女”
もまた、“紳士” たちに玩ばれる夜会を楽しんでいた。」


うーん、単なる乱交パーティを射交会
と言い切るセンスは素敵よりもアホですが、舞台的にはいたって真面目なんだよな(苦笑)

そんな訳で。この主催者である主人公になって、生徒を凌辱する
ヌキゲーとなってます。

学園の用務員という仮の姿と、
 支配者という絶対的な地位を確立


という、昔課長島耕作であった、物乞いと思いきや、
実は会社社長だった…的ノリですが、体験版では、いきなり
各ヒロインのエッチシーンだけ確認できます。

墜とす過程や、物語は買ってからね…て事で。
各ヒロイン魅力的ではありますので、体験版で気に入ればどうぞ~

体験版のリンクはこちらからです。 →こちら


c728029package.jpg




  1. 2012/01/11(水) 01:20:34|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://erosou.blog101.fc2.com/tb.php/819-0467fce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)